岩村建匠が目指す、ゼロエネルギーハウス「ZEH(ゼッチ)」とは?

 

 

岩村建匠が目指す「横手基準の家」と
ゼロエネルギーハウス「ZEH」とは?

 

わたしたちが住む家は、冬は暖かく、夏はすがすがしくあって欲しいものです。

1|そのために必要な冷暖房エネルギーは光熱費として消費されていきます

2|最新の冷暖房設備は、わずかな電力で快適な空間・環境を作り出すことができます
▶▶そうすることで、長い雪国生活の間も気がねなく暖かく暮らしていけるようになります

3|さんさんと降り注ぐ太陽をうまく利用すれば、必要な電力を作ることもできます

これからは限りある資源を大切に使っていいかないといけない。

それならば、新しく計画する家は、なるべくエネルギー消費とエネルギーをつくる創エネを

±0になるような家を作っていきましょう!

というのが、岩村建匠が取組むゼロエネルギーハウス「ZEH(ゼッチ)」なのです。

 

 

わたしたちが取組む、ゼロエネルギーハウス

 

わたしたちは、限りある資源を大切にうまく利用していけるよう、

地域の協力各社さんといっしょにチームをつくり切磋琢磨し、

より良い暮らしを提供できるよう活動していきます。

 

 

……………………………………

ZEH目標

平成28年度 ▶ 20%
平成29年度 ▶ 20%
平成30年度 ▶ 30%
平成31年度 ▶ 45%
平成32年度 ▶ 60%

| H28実績報告はこちら |

……………………………………

①ZEHの周知・普及に向けた具体策

2015年以降、認定低炭素住宅などを手がけ、お客さまからも省エネルギーな住まいの
違いとありがたみを体感していただいている。
施工段階から現場の公開や内覧会を行うことで、近隣地域の方への周知を行う。
より多くの方へゼロエネルギー住宅が認知されるよう、ホームページやSNSにて情報発信する。

……………………………………

 

②ZEHのコストダウンにむけた具体策

設備機器に依存しない建築計画での省エネルギー対策を目指し、
計画性能を発揮できるための施工を工夫し標準化する。
高性能住宅のノウハウを蓄積し、協力各社と共に連携し、スリム化を検討しコストダウンを図る。

……………………………………

 

③その他の取り組みなど

高性能住宅へのコストアップと従来住宅とのライフサイクルコストの比較を説明し、
ゼロエネルギー住宅の重要性を理解してもらえるようアピールする。
森林資源や余剰もみがら、太陽熱などの未利用資源の利活用を推進し、
地域内のエネルギー循環に寄与すべく、高性能住宅との相性の良さをアピールする。

 

Contents|岩村建匠について